conversation.png

保険の適用について

受領委任払いとは

受領委任制度の根拠となる協定書を、群馬県柔道整復師会会長、群馬県知事並び関東信越厚生局長との三者間で締結。この協定に基づいて会員、保険者及び関係行政機関等との協力により受領委任制度の適切な運営を図っています。

使用可能なもの

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(筋、腱の損傷)などのケガに対して、受領委任払制度を利用し保険を適用することができます。



question.png

施術に関わるQ&A

━━━Q:どうして接骨院・整骨院にかかるときにサインハンコが必要なのですか?

  • A:接骨院・整骨院(柔道整復師)で健康保険の対象となる施術(治療)を受けた場合、健康保険(国保・協会けんぽ・健保組合・共済組合)から療養費(柔道整復施術療養費)が支給されます。療養費の支給は、原則として償還払い(いったん窓口で医療費の全額を支払い、後日、健康保険から自己負担分「一部負担金相当額」をのぞいた分が支払われる)となっています。これでは患者さんの負担金が大きいため、柔道整復師の施術(治療)にかかわる療養費については、柔道整復師が代理で療養費を受け取る「受領委任制度」により取り扱われています。したがって柔道整復施術療養費の代理請求委任のために、サインはんこが必要となります。

━━━Q:どのような施術を行うのですか?

  • A:上記の損傷に対して、投薬や外科的手術などを行わずに整復・固定などの手当を施します。日常生活動作・作業時動作の指導を行いながら自然治癒力を最大限に活かして社会復帰をスムースにさせる徒手施術(非観血的療法)です。