howto.png

接骨院・整骨院のかかり方

スポーツでのケガ、自宅あるいは道路で転んだり、重いものを持って痛くなった時に保険証を使用して接骨院・整骨院にかかることができます。 柔道整復師の施術(接骨院・整骨院での治療)を受ける時、健康保険が使える場合と使えない場合があります。

1:健康保険が使える場合

  1. 捻挫(靭帯損傷も含む)、打撲、挫傷(肉離れなど)
  2. 骨折、不全骨折(ひび)、脱臼は医師の同意のあるものです(ただし骨折、不全骨折、脱臼の応急手当「初回のみ」は緊急を要するために医師の同意は必要ありません)
  3. 交通事故などでも健康保険が使えます
    • 交通事故の負傷(ケガ)は、原則として自賠責保険が優先します。ただし、過失割合により保険証を使う場合は、保険者(加入している健康保険)等に『第三者(他人)等の行為による傷病(事故)届』等の提出が必要です。

*医師の同意とは?

骨折、不全骨折、脱臼の疑いで医療機関に接骨院・整骨院から紹介されレントゲン検査等で、骨折、不全骨折、脱臼が確認され診断されます。その後は『紹介元の接骨院・整骨院で引き続き施術(治療)しても良いですよ』と許可されることです。また医療機関にて診療していた骨折、不全骨折、脱臼等で、患者さんが時間的に通院治療の出来ない場合や地域的に交通が不便なために、近くの接骨院・整骨院で施術(治療)を希望する場合も医師からの加療依頼や同意が必要になります。


2:健康保険が使えない場合

① 日常生活からくる疲労、負傷原因のない腰痛、体調不良
② 慰安目的のあんま、マッサージ代わりの利用
③ スポーツによる筋肉疲労、筋肉痛
④ 病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)からくる痛み、こり
仕事中や通勤途中の労災保険の対象となる負傷
⑥ 同時に医師の治療を受けているもの


3:かかるときのお願い

① いつ、どこで、何をしていたか、等の原因を正しく伝えてください。
② 初検時、(ケガをして初めてかかる時)医療機関等に受診をしている場合は、申し出てください。また、同一部位の疾病等で医療機関と重複の治療の可能性がある場合は、はっきりした負傷原因を正確に伝え、施術(治療)を受けてください。


(保険部)