activitysaigai.png

activitykenzenikusei.png

activitykyujitu.png

activitytaisou.png

activitykakekomi.png

activityhakkkanbutu.png




activitylogo.png

災害救護活動

新たな救護体制の確保へ

緊急出動隊を結成
vest.png日本赤十字社群馬県支部(以下、日赤)との繋がりは、平成12年から当会のアマチュア無線同好会が日赤に協力していたことで信頼関係が構築され、平成18年4月に日赤へ県接骨師赤十字奉仕団として全会員を登録し特殊奉仕団として認められたことから始まりました。その証として、日赤からは、補助金と全会員に奉仕団バッジが寄与。以後、災害現場で運動器の怪我の程度を迅速に判断・処置できる専門職の団体として、この体制維持に努めています。
また、災害時等に救援活動する際の腕章を作製し、全会員に配布。近県の災害時に日本赤十字社群馬県支部医療救護班の要請に基づき緊急出動ができるよう、接骨師赤十字奉仕団緊急出動隊を結成し出動態勢を整えています。
自然災害はいつ起きるかわかりません。そのため、日赤主催の防災訓練、また各自治体主催の防災訓練への参加や、救命訓練として日赤群馬支部の救急法指導員、県内各地域消防署の救急隊員による普通救命講習会などを依頼し、AED取扱方法や人工呼吸・心肺蘇生を学び、緊急時の救命に備えています。

maniwa1.jpg防災意識を高める
平成19年7月に発生した新潟県中越沖地震の被災者救護に、日赤から派遣要請を受け日赤救護班の一員として4人の会員を随行させました。この後、平成22年2月には県接骨師赤十字奉仕団災害救護救援緊急出動隊(以下、県接骨師赤十字奉仕団緊急出動隊)を結成。日赤救護班とともに出動ができるよう、緊急時に備えています。
東日本大震災の救護活動にも日赤から派遣要請を受け、県接骨師赤十字奉仕団緊急出動隊の会員を日赤救護班の一員として一人ずつ、合計10人を随行させました。順次、被災地に赴き骨折や打撲、捻挫などの応急処置をして救護にあたり、日赤の病院長をはじめ関係医師から高い評価をいただいております。


activitylogo.png

青少年の健全育成

スポーツを通した地域貢献

人を敬う精神を修養

judo柔道は日本の伝統文化である武道として、またオリンピック競技の正式種目として世界の人々に愛されています。柔道整復師は、その名の示すとおり柔道の技を身に付けた人が多く、ほとんどの会員は講道館柔道の有段者です。会員の多くは日常業務の傍ら、県内各市町村の柔道教室、スポーツ少年団や町道場などで、青少年の健全育成のため指導者として活動。人を敬う精神を修養する目的を持つ柔道を奨励し、青少年に指導を行っています。

救護員として

houtaiWeb.jpgまた、群馬県柔道連盟、群馬県柔道場連合会とは友好団体の関係にあり、柔道を通じて選手の怪我の治療、回復、予防等に協力。県内各地で行われる柔道大会などで救護員として参加しています。
この他、自治体や各種団体主催のスポーツ大会にも支援体制を整えており、要請に基づき救護ボランティアとして参加、競技者の怪我などに対して応急処置を施します。すべての選手が安心して競技に専念できるよう、強力にバックアップし、スポーツ振興にも貢献しています。


activitylogo.png

体操教室

足腰鍛えて寝たきり予防に

百歳体操

taisou.png百歳体操とは「百歳まで長生きができる元気な体を作ろう」という趣旨で、「誰でも行うことができ、安全で楽しく効果のある運動」を合言葉に作られた、群馬県接骨師会オリジナルの体操です。
健康維持および増進させるためには、規則正しい生活を送り、運動・栄養・休養をバランスよくとることが重要です。中高年になると運動面では、柔軟性・敏捷性・平衡感覚や全身の持久力が低下してきて、これらを維持し増進させる運動法が必要となります。

豊かな老後作りへ

genkinahito.jpg『百歳体操』を通じて、転倒による骨折を予防し、寝たきりにならないしっかりした体を作りましょう。また、予防としての運動ばかりではなく、自分で楽しみながら行える運動法として皆様の自立した豊な老後を過ごすためのお役に立てれば幸いです。
各地区でも地域支援事業の一環として、様々な体操教室を開催しており、地域の健康増進、寝たきり予防として指導にあたっています。お問い合わせの上、ぜひご参加ください。


activitylogo.png

かけこみ110番の家

みんなを守る接骨院・整骨院

防犯に一役

kakekomi110kanban.jpg平成17年12月末から全会員の施術所の入口に、「みんなをまもる接骨院・かけこみ110番の家」の看板を取り付けました(右写真)。これは群馬県警察本部と連携をとっており、子供や女性、お年寄りなどが犯罪等の被害に遭い、かけ込んできた時には、被害者を保護し警察等へ通報を行います。こうした取り組みは各メディアで取り上げられ、群馬テレビのニュースでも放映されました。



activitylogo.png

発刊物

広報活動として

正確な情報共有

本会は会員に向けた会報誌「ぐんせつ」を毎月発行。これにより、全会員が共通の認識を図り、正確な情報共有を得ることができます。また一般の方々へ向け、健康増進のための医療技術である柔道整復術をさらに理解していただくための情報誌「ぐんぱる」も毎月刊行しています。地域社会への健全な発展を目指すことを目的としています。


gunsetsugunpal.jpg

その他、百歳体操のパンフレット、入会案内リーフレットもご用意しております。

ダウンロードはこちら